5月8日 伊那 6月4日エビス 7月10日菅生 7月31日 茂木
伊那で行われたMOTO1開幕戦!
優勝候補が次々と予選落ちしてしまう大波乱のレ−スとなりました。

1.KIYO-S
2.M@X TAJIMA
3.大西 健太郎
4.タカテル
5.K'Sカネコ
6.K'Sカネコトシ
6月4日エビスサーキットで行われた第2戦目
ハードなオフセクションはMOTO1シリーズ最大級!

1.ikki
2.井原サムライ健
3.KIYO-S
4.長谷川 雅重
5.ビースト
6.タカテル
小雨が降る中始まった菅生ラウンド。
ターマックオンリーとなりました。長谷川選手・OPB選手・中シャチ選手の決勝での戦いっぷりは、今年一番の名勝負といって良いかも?

1.長谷川雅重
2.obp
3.AD/tac
4.大西健太郎
5.タカテル
6.JAWS増田
前回のターマックラウンドから一転!
オフセクションはダイナミックなバンクやテーブルトップ、5連ジャンプと盛りだくさん!

1.佐合(KIYO-S)
2.松本(soulful yasshi)
3.タカテル
4.M@X TAJIMA
5.JAWS増田
6.長谷川 雅重
9月19日 鈴鹿
今年初開催となった鈴鹿ラウンド。
オールターマック&地元ということで勝ってあたりまえというものすごいプレッシャーの中見事中シャチ選手がMOTO2 MOTO1制覇!!すごい!!

1..中シャチ
2.OPB
3.K'Sカネコ
4.JAWS
5.大西 健太郎
6.佐合 潔